【簡単で効果的】タトゥーを隠して温泉や銭湯で気づかれずに入浴するための誰でもできる方法3選

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

タトゥー タトゥー・イレズミOK

日本の温泉やスーパー銭湯などの公衆浴場では「タトゥー、イレズミの入っている方お断り」という貼り紙や看板を目にすることも多いかと思います。

どうしても良くないイメージを払拭できずに現代まで伝統が受け継がれてきた感じでとても残念ですよね。

とは言ってもぼくはタトゥーを入れているわけではないので、そんなことを言える立場ではないのですが。

実はぼくの身内にもワンポイントのタトゥーを若いころに入れている人間がいるので大人になってからの悩みや、特に温泉やスーパー銭湯、プール、海に行く際の制限などは痛いほど理解しています。(この記事での画像の撮影にも協力してもらっています。)

一緒に温泉などに行く場合、基本的にはタトゥー、イレズミOKの温泉や貸切ることのできる家族風呂がある温泉などに行くことが多いのですが、

もちろん全部の施設が家族風呂などあるわけではないので行くことのできる場所は限られてきます。

しかし、もしタトゥーを自然な感じに隠すことができるならば気兼ねなく温泉やスーパー銭湯に行くことができるはずです。

明らかに隠しているのがわかるようならば確かに快く思わない方も中にはいるかとは思いますが、「違和感がない」「そもそもなにか貼っているのに気がつかない」という状態ならば、みなさんあまり気にもとめないのではないでしょうか。 

ここではそういった耐水性に優れていて自然にタトゥーを隠すことができる方法を解説していきます。

フィルムやテープで隠す

一番オーソドックスで簡単なのがフィルムやテープなどを貼って隠す方法です。

このタイプの商品はさまざまな商品が今ではあります。

ただ、今回はお風呂に入ることが前提なので重要なのは耐水性です!

外部からはもちろん、入浴では汗をかくため汗による剥がれにくさがとても重要になってきます。

特に湿布のようなテープは剥がれやすいのであまりオススメできません。フィルムタイプか簡易的でよいのならテーピングがよいかと思います。(テーピングは濃いタトゥーだと濡れると透けてしまう場合があるので要注意)

色が完全に合わないと貼っているのが少し目立つので周囲をコンシーラーやスプレーで塗るとより完璧な仕上がりとなります。

メリット

  • 貼るだけなので時間もかからず、作業が簡単
  • 衣服などに擦れて色がついたりがない

デメリット

  • 汗による剥がれのリスクが0ではない
  • 大きさによっては貼り合わせないといけない

オススメはこちら

肌かくしーと

どなたにも簡単で一番オススメしたいのが手軽に使用できて効果も安心、長続きなもの。こちらの”肌かくしーと”です。

この商品は“手軽に”・“低コストで”・“少しの間”隠したいという方に向けた商品になります。

正直、完璧を求めるのならばプロのメイクアップなど、お金をかければいくらでもレベルの高い方法はあります。

しかし、一時的に隠すだけなのにそんなにお金をかけてまで完璧にする必要があるのでしょうか?

仮にシートを貼っているのがバレバレであってもタトゥーさえ見えていなければ、なにか言ってくるような人は、そうそういないはずです。

お店の方も確証がなければ、なかなか言いづらいでしょう。下手をするとトラブルにもなりかねませんからね。

肌かくしーとは一度使用すると1週間ほどは続けて使用できます。

剝がすのも特に洗浄剤など面倒くさいものは必要ありません。ゆっくりと剥がすだけです。

気になる傷あとやタトゥーを隠す!肌かくしーと!!
肌かくしーと分割

ほとんどの場合、骨などで凹凸があるので3分割ぐらいに切って貼るのがオススメです。

1枚のまま貼ることもできなくはないですが切ったほうが簡単ですし仕上がりもキレイです。

デメリットとしては意外とフィルムが固くて貼りにくいので最初は失敗するかもしれません。

失敗しても金額的にそれほど痛手ではないのも最初に試すのにちょうどいいのではないでしょうか。

近くでよく見るとやはりわかってしまいますが、遠目だとなかなか気づきにくいレベルには隠せるはずです。

そもそも他人が近くで凝視してくるなんて状況が、まずないと思うのでパッと見さえわからなければ気づかれれることもそうそうないはずです。

貼る際は隠したい部分よりも少し大きめのサイズをオススメします。

フィルムはグラデーションになっていて中央が色が濃くて際のほうになると薄くなっていきます。貼った時に肌の色になじむように際のほうは少し透けるようになっているのです。

今回は分かりやすいようにあえて実際に使用するよりも小さめのサイズを貼っています。なので際のほうが少し薄いためうっすらと見えているのがわかると思います。

最近では外国人観光客を意識してか「シールで隠れる場合はOKです。」という全国展開している温泉などもだいぶ増えてきているので、そういったところでは仮に隠しているのがわかっても安心して使用できるのもオススメポイントです。

初回限定お試しセットあります!

最初は練習用として価格も安いお試しセットを使ってみるのがいいですね。

お試しセットは通常のサイズで4色すべてが1枚ずつ入ったセットになっています。

お試し版 中身

自分に合った色がわかるうえに、それ以外の色も練習用と割り切って使うことができます。

「これは使えそうだな」と思ったら次から自分に合った色で実際に使用していきましょう。

公式HPならAmazon・楽天よりも安くてお得!

↓↓↓Amazon・楽天での購入はこちら↓↓↓

ファンデーションテープ

ファンデーションやコンシーラーで隠す

次はファンデーションやコンシーラーを塗る方法です。

肌の色に近いものを塗ることで自然に隠すことができます。

塗るのも乾くのに時間は少し要しますが慣れてしまえば簡単です。

ただ、製品にはハズレのものも多いため、きちんと隠すことができ水に強いものを選ぶ必要があります。

ぼくがオススメしたいのは下の2種類ですが、一度口コミなどをよく見て間違いなさそうなものを選びましょう。

メリット

  • 少しずつ塗ることで濃さなど調整して塗りやすい
  • それほど技術も必要なく自然に隠すことができる

デメリット

  • 乾くのに時間がかかる
  • 衣服に擦れて色がついたりする

オススメはこちら

マーシュフィールド SC ボディカバーファンデN 

マーシュフィールド
¥3,850 (2024/05/21 21:06時点 | Amazon調べ)

カクシーラーEX 

スプレーで隠す

最後はスプレーで隠す方法です。

スプレータイプは塗るのに少しテクニックが必要です。

適当に塗ったりするとムラになったり液だれしてお粗末な仕上がりになってしまいます。

車の塗装をするときのようにシュッシュッと横にすばやくスライドしながら塗り重ねていくのがコツです。

メリット

  • 上手に塗ることができれば一番自然で完璧な仕上がり
  • 数種類の色を使い分けてグラデーションで肌に合わせやすい

デメリット

  • キレイに塗ることができるようになるまで相応の練習が必要
  • ほこりが付着しているみたいになるのでそこだけ体毛を剃る必要がある

はっきり言ってスプレーは「カクシス」一択だと思います。

ほかは聞いたことないし使ったこともないので。

それほど性能が突出しています。

カクシス

カクシス説明書1

購入すると付いてくる説明書です。

カクシス説明書2

性能としては間違いなく問題ないのですが背中などの場合は1人では無理なので協力者が必須となるのが唯一の難点です。

↓公式の使用説明動画です。↓

まとめ

以上がオススメの方法となります。

どれも使いこなすことができれば問題なく温泉や銭湯に行くことができるはずです。

ぼくは温泉が好きなので温泉ソムリエの資格を取りましたが、温泉に行くことによって得られる効果の大きさは身をもって実感しております。

このサイトの中で一貫して言っていることですが、良い入浴というものは良い睡眠へとつながります。ひいては毎日の生活を確実に今より元気で充実したものへとできるはずです。

もし、タトゥーが入っていることで温泉をあきらめている方がいるなら、ぜひ一度試してみて気兼ねなく温泉を満喫していただきたいです。

どれが一番自分に合っているか一度全部試してみることができれば一番いいのですが、それなりにお金がかかってしまいます。

初めての場合はとりあえず安価で購入できる“肌かくしーと”から始めてみるのがオススメです。

本当に簡単ですしお試しセットもあるので気軽に始めやすいと思います。ぼくの身内も一番使用しています。

公式HPならAmazon・楽天よりも安くてお得!

コメント

タイトルとURLをコピーしました